まさかの心の風邪になりまして

鬱病の経過、私の日常、好きなことの記録です。

52ヘルツのクジラたち

町田そのこさんの作品です。

本屋大賞1位獲得したそうですね!

購入してそのままだったのを一気に読みました。

あらすじとしては、家族に愛されず孤独に生きる2人が出会い、一生懸命に生きながら自分の居場所を、愛を探して行く物語です。

オススメ度 ★★★★★

読みやすさ ★★★★★

おもしろさ ★★★★

ほぼ満点ですね!(個人の感想です)

 

私はミステリーが好きなのですが、このお話には

・主人公の抱えている過去の過ちや後悔

・もう1人の孤独者である子の身元や過去、事情

これが、気になるままの形で話が持ち越されるところや、それがじわじわ発覚していくところがミステリーに似たおもしろさがあり、飽きる隙も与えず読み応えがありました。

 

最後は、とにかく感動する展開でした。心が温まる、優しい気持ちになれる。そんな感じの最後です。

 

最初はどうしようもなく分かり合えなくても、警戒されても、根気強く向き合えばちゃんとこちらを向いてくれる。心開いてくれる。

そして、たくさんの52ヘルツのクジラがどこかで鳴いている。それに気づいて救い出してくれる何かが、誰かが居ますように。手遅れになる前に。

読んだ後、そう思うのでした。